ミネラルファンデーションの特徴・使い方

MENU

ミネラルファンデーションの特徴と上手な使い方とは?

ミネラルファンデーションは、本来の肌をよりキレイに魅せてくれるファンデーションです。

 

成分もそうですが、特徴も肌への負担を考えられています。
肌トラブルをなるべく少なくし、紫外線や外敵からも肌を守るように作られています。

 

 

化粧下地は要りません。

一般のファンデーションでは、化粧下地の役割は肌をなめらかにすること。
化粧下地は油分が多いので、ファンデーションのノリを助けてくれますよね。

 

ミネラルファンデーションの場合は、メーカーによっても違いますが、
一部「化粧下地としてお使いください」というパウダーもあります。
※パウダーが下地代わりです。

 

基本的には、肌によろしくない油分は配合されていませんので、
ファンデーションを塗っていても、毛穴をふさぐこともなく呼吸ができるような状態。

 

重ね塗りをしても、軽いのはそのせいです。

 

クレンジング不要は本当?

ミネラルファンデーションのほとんどは、洗顔石けんで落とせます。

 

 

これは、化粧下地と同じで油分を含んでいないので、
洗顔石けんで大丈夫。

 

 

ただし、ケミカルな化粧下地やミネラル以外のポイントメイクアイテムを使った場合は別です。
ポイントメイクは、リムーバーで落としてから、洗顔しましょう。

 

 

紫外線対策も万全!!UVクリームは不要!!

ミネラルファンデーションの成分である、酸化チタン、酸化亜鉛が含まれている商品は紫外線防止に効果的です。
過剰なUVクリームの重ね塗りは、肌への負担がアップしてしまいます。

 

日常紫外線レベルであれば、ミネラルファンデだけで十分カットできますよ^^

 

 

つけたままで寝ても本当にいいの?

肌に負担が少ないミネラルファンデーションは、ついていたことを忘れてしまそうなほどです。
イメージ的には、肌に軽い・・・・とういう感じ。

 

肌に負担が少ないとはいえ、夜肌は再生されますし、
昼間の汚れは、ファンデーションだけの汚れではありません。

 

 

1日の汚れは、その日に落としてこそ美肌が作られます。
「眠っても大丈夫」なほど、肌に負担がないですよー^^ってことで、
理解しておくといいですね。

 

 

 

上手にミネラルファンデーションと付き合いましょう。

ミネラルファンデーションを初めて使うと、一般的なファンデーションと
やっぱり比べてしまいますよね。

 

 

ミネラルメイク

今まで使っていた一般的なファンデーションは伸びも密着力もよかったのに・・・・
肌にのせると、なんかキレイに感じない・・・っていう方も
いるようです。

 

 

正しい使い方で、もっと肌をキレイに魅せましょう。

 

 

カラー選びはワントーン明るい色で!!

大人の肌は、午後になるとどうしてもくすみがちです。
ミネラルファンデは発色よく、肌になじみやすいのが特徴ともいえるので、
自分の肌色よりワントーン明るい色を選ぶといいです。

 

ブランドにもよりますが、成分とカラーのチェックは大事です。

 

 

ブラシを正しく使いましょう!!

ファンデーションをブラシで塗ることにあまり慣れていない方は、
ブラシの使い方が悪い場合もあります。

 

ブラシの使い方で、ファンデーションがよれたり、
付かなかったりしてしまいます。

 

私も最初は慣れずに大変でした^^

 

 

ブランドによっては、動画解説がついていますので参考に、
正しい使い方でファンデーションを塗りましょう。

 

 

ブラシがダメ!!って方だったら、柔らかいパフで塗ってみてください。
パフでもナチュラルにぬれると思いますよ^^

 

 

スキンケアが乾いたらファンデーションを塗ること!

ミネラルファンデは、乾いた肌にぬることが鉄則です。

 

朝のスキンケアで、化粧水やクリームなどが乾かないうちにファンデーションを塗ると、
ファンデーションがよれて、ムラだらけになります。

 

 

化粧下地や、UVクリームを塗らない分時短にもなるんですが、
他のアイテムがよーく乾いてから、ファンデーションをつけましょう。

 

 

急いでいる場合は、ちょっとだけティッシュオフしてから塗ってみてくださいね。

 

 

出来れば、最後に手の平で顔を包むようにそっと押さえる、ハンドプッシュをしてみてね。
こうすることで、肌に自然にすーっとなじんでいきます。